公立小松大学 KOMATSU UNIVERSITY
公立小松大学

文字サイズ 
背景色 
ホーム > 教育
教育
公立小松大学の教育のポイント
専門性を育む3つの学問領域
未来をつくるのは人とひと。社会に求められる人間性豊かなひとづくり

公立小松大学では、「産学官・市民との共創」を掲げ、地域住民や企業、自治体との交流・連携を通じた教育を展開します。これらの多くの人達との出会いの中で、人と関わりながら仕事を進める能力を身につけ、人間性を高め、社会に出た後は共通の目標のもとにチームの一員として、専門知識と応用力を存分に発揮できる人材を育成します。

共通教育科目
地域と世界で活躍するための幅広い教養と基礎的能力、豊かな人間性を涵養

共通教育科目「幅広い教養と基礎的能力、豊かな人間性を涵養する」
日々着々と変化する現代社会で活躍するためには高度な専門技術・能力だけでなく、幅広い教養が求められます。専門分野の枠を超えて求められる知識、思考法などの知的な技法の獲得や人間としての在り方や生き方に関する深い洞察、現実を正しく理解する力は社会で活躍するための基礎力になります。
共通教育科目ではこれらの能力を獲得するための教育科目を「導入科目」「一般科目」「英語科目」「その他外国語科目」の4つのカテゴリに分類し、幅広い分野全学部の1年次・2年次を中心としてJR小松駅に隣接する「中央キャンパス」で学びます。異なる学問分野の学生が同じ空間で学習することで、学生同士のネットワークが広がり、専門分野を取り巻く状況を広く理解し、多面的な角度から専門教育に取り組む視野と思考力を育むことを目指します。
専門教育は段階的に開始され、学部学科ごとに異なるキャンパスで専門知識・技術向上を図ります。

導入科目 大学での学習をスタートさせるにあたって必要となる基礎知識やスキルを学びます。
一般科目 人間力 人間の思考や行動、文化について学び、コミュニケーション能力、表現力の養成を通じて豊かな人間性と国際的な視野を養います。
社会力 政治、経済、法などの社会システムに関する基礎知識を学び成熟した社会を構成する一員としての倫理観と社会全体を広く見渡す視野を養います。
科学力 科学技術の発展による生命、環境、エネルギーの進歩や高度情報化に関して学び、社会の発展がもたらす恩恵と今後の課題について未来の社会のためより良い選択肢を科学的知見に立って検証・分析を行うことで、課題解決のための合理的、批判的思考力を養います。
健康と体力 自らの健康に対する理解を深めると同時に、生涯を通じてスポーツや健康づくりを楽しむための意識を涵養する。また、団体競技を中心に取り組むことで協調性、コミュニケーション能力の向上を図る。
英語科目 国際社会のコミュニケーションツールとして多くの場面で必要とされる英語を1~2年次にかけて学ぶことで、実践的運用能力を確実に身につけます。
その他外国語科目 中国語、ロシア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語から選択し、基本的な文法とコミュニケーション能力の修得を目指します。
共通教育から専門教育へのキャンパスの移動について
専門性を育む3つの学問領域